【Saikaiブログ】原口みかんの原口さんがアボガドを作り始めていた件!

2

西海町にある「原口果樹園」の原口誠司さんが、近年大事に育てているこの植物。 何の木か、ご存知ですか? ヒントは…… 「女性に人気で、最近ではスーパーでもよく見かけます。 現在は輸入品が主な作物ですよ。」と原口さん。 そう …

西海町にある「原口果樹園」の原口誠司さんが、近年大事に育てているこの植物。

何の木か、ご存知ですか?

ヒントは……

「女性に人気で、最近ではスーパーでもよく見かけます。

現在は輸入品が主な作物ですよ。」と原口さん。

そう、正解は…アボカド!!

(タイトルにも出ていますが…)

 

「西海みかん便り」シリーズでは、

「原口みかん」の栽培~収穫までの様子をレポートさせていただいた

西海町の「原口果樹園」さん。

これまでのブログはこちら→vol.1,vol.2,vol.3,vol.4,vol.5

 

これまで新品種の開発や、様々な珍しい品種の栽培に挑戦するなど、

誰にも負けない探究心でみかんを作り続けてきました。

今度はアボカドの栽培に挑戦している!

ということで、さっそく畑でお話を伺ってきましたよ。

 

アボカドといえば、

中南米など遠くの国で生産されている果物ですが、日本でも実るのでしょうか??

品種によっては日本でも栽培できるんですよ。

実際に、愛媛県や鹿児島県ではすでに栽培されています。

いろいろ試した結果、ここ長崎県でもできそうだ、ということがわかったんです!

 

日頃、果樹農家として農業が抱えている問題

・遊休農地の活用 ・農業者の高齢化 ・生産性の向上 について、具体的な改善策を探していた原口さん。

「ある日ご近所の人がアボカドを食べた後、

種をポイッと庭に捨てたところ、芽を出した!と聞いて…」

放っておいても芽を出し、スルスルと成長したというアボカドに目が留まりました。

 

「荒れた土地でも元気に育つ作物、

『びわ』『みかん』の遊休農地を活用できる作物を探していました。

これまで様々な作物も試してきましたが、

特にアボカドは、栽培に手がかからない!加工の必要がない!

という点が魅力です。」

 

長崎県、しかも西海市育ちのアボカド!!ぜひ食べてみたいですね★

アボカドのつぼみ。白い花が咲くそうです。

 

苗木を取り寄せ、実際に栽培をはじめたのは4年前。

まだ実をつけたことはないですが、今年初めてつぼみをつけました!

愛媛県、和歌山県、鹿児島県へ度々視察に訪れたり、

アボカド栽培に関する様々な情報を集め実践してきた原口さん。

「実際にやってみて分かったのは、最初の1~2年が肝心ということ。

あとは放っておいても育ちます。」

 

温暖な気候が原産地のアボカドは、冷たい風が苦手。

日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。

栽培の条件が、みかんの畑と似ているんですね★

 

原口さんの取り組みをはじめ、

農業課題の新たな解決策として注目が集まるアボカド。

 

3/2(木)県内で初めて開催された「アボカド栽培普及セミナー」には、

原口さんも栽培実践者として参加・講話し、140人を超える参加者が集まりました。

今後、アボカド栽培を本格化する上で課題は?

「より多くの方に栽培を広げるため、

実験圃場を作る必要があると考えています。

そこで、アボカドの苗木、苗木のもととなる台木を作りたいですね。」

 

 

ただ苗木を広めるだけでなく、

“長崎の土地・気候に合った栽培方法”を自ら確立したい、と語ってくれた原口さん。

農家としての誠実さ・パイオニア精神を感じました。

 

 

先人たちが残した畑を荒廃させないため、次世代に引き継ぐ“バトン”の役割として

アボカド栽培に期待したいですね!

※こちらの記事はSaikaiブログからリライトしています。

RECOMMEND

ポートホールンにある可愛らしいオブジェ3選
甘党のあなたに!スイーツがおすすめの西海市にあるゆったりカフェ
ポスト軍艦島「池島炭鉱」で人と歴史の軌跡を辿る

RANKING

【ウエストのおんな(第1話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/若者まわり・おばちゃんまわり~
【ウエストのおんな(第2話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストの天使~
【ウエストのおんな(第3話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストジプシー~
【小料理あかねの逸品】小さなお子様×ショッピングカートにご注意。
『西海市』をガッツリ楽しもう!おすすめスポット3選!

USER CONTENTS