薪窯焼きピザが楽しめる!イタリアンのお店「nodo・ノード」が西彼町にオープン!

みなさん、こんにちは! ばりぐっど編集部ライターのめーたんです。 令和3年1月15日、西海市西彼町鳥加郷にオープンしたイタリアンのお店 「nodo / ノード」をご存知ですか? 「え?西彼町にイタリアン?」 そうなんです …

みなさん、こんにちは!
ばりぐっど編集部ライターのめーたんです。

令和3年1月15日、西海市西彼町鳥加郷にオープンしたイタリアンのお店
「nodo / ノード」をご存知ですか?

「え?西彼町にイタリアン?」

そうなんです!本格薪窯焼きピザが楽しめる
おしゃれなイタリアンのお店がオープンしたのです!

ということで、さっそく取材してきました!

 

洗練されたおしゃれな店内

お店に入ってまず目に飛び込んできたのは、中央にある長くて巨大なこちらのテーブル。

長さ5m50cm、幅1mという存在感たっぷりの一枚板は、「ベリ」というアフリカ原産の木材で作られており、テーブルなのにシンボルツリー的なオーラを放っています。

店内には、開店祝いのお花がたくさん飾ってありました!

 

こちらも、長い一枚板を使って作られたカウンター席。その向こう側には、広々としたオープンキッチンがあり、開放感あふれるおしゃれな作りになっています。

ランチメニューどれにしよう?

ランチメニューには「スープ+本日の前菜+お好きなピッツァかパスタのセットです」とありました。お値段は1,600円(税別)(*種類によってプラスが生じますのでご確認くださいね。)

わわっ!ピッツァにするか?パスタにするか?
どうする、どうする?

迷いながらも、冷静さを装いつつメニューに目をやると
「オススメはやっぱり窯焼きピッツァです」と優しいコメントを発見。

ということで今回は、本日のピッツァ6種類の中から胃袋の直感に従い
「イベリコ豚サラミと季節野菜のピッツァ」に決定。

優しい女性のスタッフさんが注文を取りにきてくださり、ワクワクドキドキしながらランチが運ばれてくるのを待ちました。

 

心を込めていただきます

自家製かぶのポタージュ

最初に運ばれてきたのは、こちらの自家製かぶのポタージュと西彼町産の野菜サラダ。

自家製かぶのポタージュは、一口目にかぶの甘みが口の中にふわっとやさしく広がり、クリーミーでとろみのあるポタージュの美味しさが心と体をほっこり温めてくれました!

なんと、塩とオリーブオイルだけで、かぶ自体が持つ味をしっかり引き出しているそうです!

 

西彼町産の野菜サラダ

山のように盛られた西彼町産の新鮮な野菜たち。その脇を彩るのは、コッパというイタリアのハムとイタリア風オムレツです。

シャッキシャキの野菜はボリューム満点、特にプチトマトの甘みは格別!
西彼町の野菜ってこんなに美味しいんだと、感動しちゃいました。

 

イベリコ豚サラミと季節野菜のピッツァ

ど迫力の本格イタリアンピッツァが登場。

サラミと言えば、スパイシーなピリッと辛いイメージがありますが、このイベリコ豚サラミはそういった辛味がないので、お子さんでも食べられます。

季節の野菜は、芽キャベツとタマネギ。野菜の甘みが本当に絶妙なバランス!
モッツアレラチーズとの相性が抜群ですね!もうとにかく美味しい!の一言。

薄いタイプの生地ですが、周りはもっちり厚みがあります。
生地もピザソースもとっても美味しくて、トッピングのボリュームもしっかりとあるので、お腹いっぱいになりますよ!

 

オーナーにお話を伺いました

北村泰裕(きたむら・やすひろ)さん

西海市西彼町出身、平成元年生まれ。農家の3代目でもある北村さんのご実家は「いけす料理 持木荘」 を営んでます。

小さいころから「後を継ぐ」と思い続け、長崎県立諫早農業高校を卒業後、幼稚園の頃から抱いていた夢だった和食の道へ。大阪で和食の厳しい世界で修行し、料理長を経験、そしてイタリアンの勉強も。

 

「ここ(西彼町)はいい場所です。自然もいいし、ごはんも美味しい。そういう良さをいろんな人に知ってほしいですね」と語る北村さん。大きな窓からは、美しい大村湾の島々や自然の景色を楽しめます。

 

店名の「nodo/ノード」について尋ねると、nodoとはイタリア語で「結び目」という意味で、このお店が西彼町を知ってもらうために、人と人、人と場所を繋ぐ、結ぶところになれたらという思いを込め、さらに「農(のう)」と「土(ど)」という韻も重ねているとのこと。

 

今、世界的にも自然農法やオーガニックといった食材が注目されていますが、ここ北村さんのご実家では、40年も前から環境に配慮した循環型の農業に取り組み、自家製のお米や野菜、お味噌や調味料も手作りされているそうです。

 

和食の修行をしていた北村さんは、実家である持木荘を継ごうと思っていましたが、奥様がイタリアン・スペイン料理をしていたこと、そして素材を生かす料理という点で和食に似ていることから、地元でイタリアンのお店をしようと考えました。

 

「自分がお店をやる」という覚悟と決意で、イタリアから取り寄せた本格的な薪窯、エスプレッソマシーン、器や照明器具、テーブルなど、細部にいたるまでこだわり抜いたお店作りを貫き、自分のやりたいという思いを形にしていきました。

もちろん、食材にもこだわり、自然農法で栽培された菊池産(熊本県)の小麦、自然派のチーズ、新鮮な地元の野菜たちを使い、そして自然派ワインも。

 

こだわり抜いた本格的なナポリピッツァが楽しめる「nodo/ノード」。人と土地、農と食が結び合うコミュニティの基点となる場所として、これから注目のお店です!

 

Pizzeria e Trattoria 【nodo / ノード】

ランチ :12:00〜14:30(Lo 14:00)
ディナー:17:30〜21:00( Lo 20:00)
*テイクアウトもできます(詳細はお問い合わせください)

【住所】〒851-3406 長崎県西海市西彼町鳥加郷2151
【電話】070-8335-9098
【mail】yasu1597@gmail.com
【instagram】nodo.mochigi

 

 

 

USER CONTENTS