vol.1【 西海クリエイティブカンパニーの新たな挑戦】ネットショップ・LINEbot開発のお手伝いします!!

ローカルメディア「ばりぐっど」やLINEアプリ「文字起こしばりぐっどくん」を開発した、株式会社西海クリエイティブカンパニーが西海市内の事業者の皆様のお仕事を手助けするべく、ネットショップ開設・LINEbot(自動応答機能 …

ローカルメディア「ばりぐっど」やLINEアプリ「文字起こしばりぐっどくん」を開発した、株式会社西海クリエイティブカンパニーが西海市内の事業者の皆様のお仕事を手助けするべく、ネットショップ開設・LINEbot(自動応答機能)の開発支援サービスを新たにスタート。
 今回は、「これまでの取り組み」と「ネットショップ導入でどんなことができるの」についてご紹介していきます!

西海クリエイティブカンパニーのこれまでの取り組み

西海クリエイティブカンパニーがこれまでに作ったサービスはこちら!

LINEアプリ「文字起こしばりぐっどくん」

 スマホに写真を送ると、たったの3秒で文字情報として返信してくれるという優れもの。
 SNSでの口コミや拡散により、学生から社会人に至るまで、これまでに13万人以上ものユーザーが利用しています。

《主な利用シーン》
 □勉強の際の参考書の読み込み
 □薬局にて薬品名などの難しい情報の読み取り
 □紙で配布された会議資料の読み込み
など

友達登録はこちらから!西海市のAI「文字起こしばりぐっどくん」で身近に感じるテクノロジー


LINEアプリ「ペラペラばりぐっどくん」

 同じくLINEでお友達になったら、送った画像の文字を選択した言語に翻訳してくれるお役立ちツール。
ばりぐっどくんが”あなただけの通訳”になってくれます。

《主な利用シーン》
 □飲食店で外国人へのお客様へのメニュー説明
 □洋書の翻訳
 □海外へ行った際の看板等の読み込み
など

【友達登録はコチラ】どんな言語も日本語に翻訳!!「外国語ペラペラばりぐっどくん」が登場!


さぁ!
今こそインターネットを活用したサービスを始めませんか?

 コロナ禍の中、外出自粛や県をまたいでの移動を制限されたりする中で、ネットショップの利用者も増え、需要も増えているようです。

 状況が少し落ち着いてきたとはいえ、まだまだ予断を許さない日々が続く中、これから「新しい生活様式」のもと、これまでとは違った「テイクアウト(お持ち帰り)」や「デリバリー(配達)」、「人との接触を控えたサービス」を考えていかなければならなかったり。

 「これを機にインターネットを使ったサービスも取り入れてみようかな?」と考えてた方もいるのではないでしょうか。

 そんなお悩みをお持ちの西海市の事業者のみなさん!!
 今だからこそ、手軽に始めれられるネットショップやLINEbotを活用した新しいサービスを始めませんか?

ネットショップやLINEbotでどんな事ができるの?

 これまでとサービスや販売の形態が変わってきている今、「withコロナ」時代に備えて、ネットショップなどのサービスが一層注目を集めています!

その理由は・・・
 □3密を避ける為、外出を控えることによりネットを利用した買い物が増えた
 □外食を控え、テイクアウトやデリバリーを利用する人が増えた
 □キャッシュレスによる事前決済などの非接触サービス推奨のため導入を検討
 □リモートワークの導入など社員の働き方改革のため
 □リスクやコストを押さえ、これからでもすぐに始めることができる
など

もちろん「ネットショップの開設」と「LINEbotの導入」では少し利用シーンが異なりますが、まずは「ネットショップの開設するなら」という点からご紹介♪

例えばこんな事業者さんにオススメ!


【スーパーマーケットの経営者さん】
 これまでの直接来店型に加え、ネット上で注文から決済まで完了できてしまうオンライン型スーパーのようなネットサービスを考えているという方。

【みかん農家さん】
 これまで直売所や大手の取引先への卸売などをしてきたが、今後はもっと全国の個人のお客様に直営のネットショップを通じて、自分のこだわりのみかんを直接販売したいという方。

【ハンドメイド作家さん】
 これまでイベントや大手ネット販売サイトで販売していく中で、ファンの方も少しずつ増えてきたので、これを機に自分の作品をいつでも見て、買ってもらえるネットショップを始めてみたいという方。

ほんの一例ですが、ジャンル問わず様々なサービス展開が考えられます!

 

 いかがでしたでしょうか?今回は西海クリエイティブカンパニーの「これまでの事例」と導入により「どんなことができるのか」についてご紹介しました。
 ひと口にネットショップ開設と言っても、初めての場合はわからないことも多いですよね。
 まずは、「自分の事業だったら、どんなことができるかな?」と考えるきっかけになればと思います。

次回は、「LINEbotはどんなサービスか」「サービスを利用する際の価格」についてご紹介します!

USER CONTENTS