ウエストのおんな【まっしろな冬の足音 第10話】~美容室開拓~

ウエストのおんな、2020冬

2月のイベント終わって『ホッ』・・・。節分じゃないよ。   今年のバレンタインは日曜日だったから、みなさんいつもともらう数に違いがあっただろうか? 我が家はこんなにもイケメン揃いなのに(審議)、身内からしかチョ …

2月のイベント終わって『ホッ』・・・。節分じゃないよ。

 

今年のバレンタインは日曜日だったから、みなさんいつもともらう数に違いがあっただろうか?

ウエストのおんな

我が家はこんなにもイケメン揃いなのに(審議)、身内からしかチョコをもらえないというかわいそうなメンズがいる。

 

まぁ身内からはちゃんともらえるという提携を結んでいるので、1人につき4人の身内から4個は確実にゲットできる安心感はある。

 

安心感はあるが

ドキドキ感はない

 

なので、私がその年の気分でチョコをあげるかあげないかの~・・・題して!

 

バレンタイン!

母からプラスもう1個

もらえるかもらえないか

どっちだチャーンス!

ウエストのおんな

を開催する。『もう1個もらえるかもしれない』というドキドキ感を味わうことができるのだ。

 

他人からチョコをもらうドキドキ感を味わえない我が家のメンズに

 

母から!

そして妻から!

 

チョコをもらえるのか?もらえないのか?当日にならないとわからないドキドキ感をプレゼントしてあげているのだ。

 

あ?『ドキドキ感』ってそのドキドキではない?

 

知ってま~す

ウエストのおんな

だってね、身内からはもらうのに、家族があげないっていうのもなんかね・・・(笑) なんだかんだ言いながら今年は旦那にビール(発泡酒ではない!)を奮発してプレゼントフォーユーした。

 

滅多に飲めないビールに旦那のテンションはアゲアゲ

 

はぁ・・・いいなぁ。私もテンションをあげたい・・・。なんだか最近気持ちがモヤモヤする。きっと髪の毛が微妙な長さになっていうことをきかないからだ。

 

そうだ美容室に行こう!

 

気分転換には美容室に行くのも一つの手である。しか~し私には悩みがある。

 

今通っている美容室、お値段は良心的だがスタッフのみなさんが若い・・・。

 

若すぎる・・・。

 

自分の娘や息子くらいのわっかいスタッフさんが私の相手をしてくれる。

 

数年通ってみたが、どうしてもどうしてもその『若さ』に慣れることができず、今回これを機に新しい美容室を開拓することにした。

 

そしてどんな美容室がいいか考えてみた。じゃーん!

ウエストのおんな

場所は近ければ近いほど良い!

(車を運転して疲れない距離)

良心的お値段

(お高いとちょっと・・・)

居心地の良さ

(アラフィフでも和める対応を切望)

ネットで予約可能

(ネットで予約できる日時を確認できるのって便利!)

 

ネット検索しまくったわ。でもなかなか上3つの条件をクリアする美容室がなくて難儀した。

 

でも・・・

私、見つけたわ!

ウエストのおんな

【美容室の場所】は私が苦に思うこともなく行ける地域を条件として検索したので、私のテリトリー内で見つけることができた。

 

【お値段】今までよりちょっとお高いけど良心的技術料金!ありがたい!

 

【居心地のよさ】これは行ってみないとわからない!

 

私はもう若くないのでヤングな美容師さんの弾けるエナジーを受け止めることができなくなってきた。だからとにかく自分と同年代のスタッフさんがいる美容室を探した。

 

私が求める『居心地の良さ』とは『元気』が飛び交うエネルギッシュな空間ではなく、ゆっくりと落ち着いた時間が流れ、色々と気を使わなくてもよいという意味。

 

美容師さんの技術も必要ではあるが、この年になると私はもうそこまでこだわらなくなった。

 

高校生の時のように前髪を1ミリ短く切られてしまい「もう明日学校に行きたくない!」とか荒れに荒れた10代。そんなちっちゃなことなど51才の私は何とも思わない。

 

坊主になったわけじゃないんだからさ(爆)

ウエストのおんな

髪なんてそのうち伸びるじゃん(笑) いや~この心の成長っぷりったら!アラフィフってすごいわ。

 

後日、その見つけ出した美容室にいざ出陣!

 

はい正解!

はい素晴らしい!

 

私を担当してくれた美容師さんは30代前後くらいの方だったが、すごく落ち着いていて仕事も丁寧。

 

とにかくシャンプーを『ちゃんと』やってくれたところに感動した。25年ほど前『シャンプーの鬼』と呼ばれたワタクシが久々にうなずけるシャンプーに出会えた。

ウエストのおんな

私は髪を切る前のシャンプーの時点で『これから末永くお世話になります。』

 

そう心の中で深々と頭を下げたのであった。

 

めでたくお眼鏡にかなう美容室を発見できた喜びは、旦那が私からバレンタインに発泡酒ではなくビールをもらえた時の感動よりも何倍もうれしい。

 

これまで年に4回くらいしか行ってなかった美容室だが、これからはもうちょっと回数増えるかもしれないな(笑)

ウエストのおんな

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※前回の『ウエ女』は・・・こちらからどうぞ↓↓

ウエストのおんな【まっしろな冬の足音 第9話】~どんぐりの背比べ的バトル~

USER CONTENTS