【ウエストのおんな<夏の青い水平線>第7話】~小さな『楽しみ』~

1

昨日ひっさびさの夜中の豪雨とカミナリで、何回目が覚めたことか。旦那のいびきでも起きないのにちょっと損した気持ちになった私は海近住子(うみちかすみこ)西彼のアラフィフパート主婦である。   あらまー!なんと今日は …

昨日ひっさびさの夜中の豪雨とカミナリで、何回目が覚めたことか。旦那のいびきでも起きないのにちょっと損した気持ちになった私は海近住子(うみちかすみこ)西彼のアラフィフパート主婦である。

 

あらまー!なんと今日はもう8月31日ですってよ奥さん!

 

子ども達のロングロングバケーションももう終わり。おたくのお子さま、宿題は終わってますか?それともあとの2日で泣きの追い込みですか?

 

すいませーん

我が家は今年の夏もまたまったりと過ごさせていただきましたとさ。

 

ただ、メインイベントが去年から無くなったというのは非常にさびしい。

 

あの頃は、娘の部活遠征や大会に旦那と二人、県外泊りがけで参戦していたのになぁ。それが夏の我が家のメインイベントだったのだ。

 

旦那と私は獲物にたかる『ハエ』

『獲物』とは娘のことであり、私たちは娘にブ~ンとどこからともなく群がる『ハエ夫婦』である。

 

娘もさすがに試合前は殺気立つし、

 

『近づくな』オーラをバンバンに放出。

 

ナーバスになっているのは十分にわかっているので、ちょっと距離を置こうとする私とは反対に、その状況を全く把握できない旦那は娘を見かけるとすぐ群がろうとする。

 

案の定、殺虫スプレーを「ビャーッ」っと顔面にかけられたように娘に一喝されて

 

泣く。

 

あ~ なんで男っていうのは、その場の雰囲気を読めないのだろうか?「今そこで声かけちゃいか~ん!」というところで、わざわざ近寄って行く

 

そして冷たくあしらわれて

 

泣く。

 

毎回泣かされるくせに、学ばないということは一生学ばないのだろう。でもまぁ、それももう間近で見れなくなったのはイライラしなくて済むというか、なんかちょっと面白くなくなったというか。

 

娘が高校卒業して2回目の夏・・・。

 

何もなくてさびしんぼ。

 

だから「子どもに振り回されて大変だ」とか言ってるうちが花なのだ。

 

どうせその内すぐに子ども達から相手にされなくなるんだから。

 

はい! 相手にしてもらえなくなった『ハエ夫婦』ですよ!

 

そう『泣く』と言えば。

 

最近、旦那の涙腺が激弱過ぎてウケる。

 

この前テレビであった『君の膵臓をたべたい』の映画。(何それ?膵臓たべたい?ホラー映画?と思った方はグーグル先生にお尋ねを。)

 

私も泣いたけど、途中まで寝てた旦那は話しの内容もわからぬまま号泣してたわ。

 

25、26日にあった『24時間テレビ』。子ども達が頑張ってる姿が映るとそれだけで涙腺崩壊してたわ。

 

肩からタオル下げて、涙拭きながら

 

「年取ったら何か涙もろうなって・・・」

とかなんとか言って。なるほど、キミもそんなお年になったんだね。

 

なんだかそんなおじちゃんの後ろ姿を見ていたら、私は素直に感動できず不謹慎にも笑いを抑えるので必死であった。

 

こんな小さなお目目から涙が出るなんて、おじちゃんもかわいいとこあるんじゃない。

 

まぁ 夏の大イベントは無くなってしまったが、毎日小さな笑いとか感動とかをちょこちょこ集めるのも、今までとは違った新しい『楽しみ』になって来るものである。

 

・・・・・。

 

えーーーーー!

やだ! なんか私、語ってる~!

 

そんな小さな『楽しみ』を旦那は密かに一つゲットしている。それは、5月から一人暮らしを始めた娘のアパートに

 

お泊りすること♡

 

会議あとの懇親会と言う名の『飲み会』がある時、わざわざビジネスホテルに泊まっていた旦那は、『娘のアパート』というお城があることに気づいてしまった。

 

それからは、『飲み会』となると娘に『お泊りしていい?』のメールを送る。

「大丈夫と思うけど」という『いい』とも『悪い』とも取れない絶妙なニュアンスで返事をよこす娘に、当日までハラハラドキドキしながら、お泊りセットを持参して出勤する旦那。

 

爆笑である。

 

しかし無事お泊りはできたものの、せっかく持参したお泊りセットの据え置きは断固、拒否られたそうだ。

 

爆笑しかない。

 

実は、今日も懇親会という名の『飲み会』らしい。もちろん娘にお泊りコール済み。

 

相変わらず「たぶん大丈夫と思う~」というよくわからない娘からの返信。

そして旦那はハラハラドキドキしながら、またお泊りセット持参で出勤して行った。

 

19の娘の手のひらで転がされる49のおじちゃん。

 

それを見ながらなんだか旦那の小さな『楽しみ』を羨ましく思う私なのである。

 

どこがやねんっ!(笑)

 

おっと!ワタクシ気づきました。ということで本日旦那様はお留守です。

 

ふっふっふっふ。

 

今宵はウエストのお惣菜でパーティー開催決定ですな。

RECOMMEND

【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第8話】<虫のお話>
【10/23〆切】無人島・田島で運命のパートナーと出会う婚活イベントを開催!
【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第6話】<カメムシの効能?>

RANKING

【ウエストのおんな(第1話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/若者まわり・おばちゃんまわり~
【ウエストのおんな(第3話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストジプシー~
【小料理あかねの逸品】小さなお子様×ショッピングカートにご注意。
【ウエストのおんな(第2話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストの天使~
『西海市』をガッツリ楽しもう!おすすめスポット3選!

USER CONTENTS