長崎でもっとも刺してくるローカルメディア

祝!長崎市長賞受賞「鯛のコンフィ」| (有)大島水産種苗

先日行われた「長崎県水産加工振興祭水産製品品評会」
において大島町にある(有)大島水産種苗が手がける
加工品「鯛のコンフィ」が
長崎市長賞を受賞されました!

そんなニュースを聞き、商品開発や受賞に至った経緯など、早速、お邪魔してお話を伺ってきました。

大島大橋を渡って、海沿いに降りていった先
目の前に大島造船所が見える場所にある(有)大島水産種苗。
綺麗な海を目の前に、養殖施設を構えていらっしゃいます。

「鯛のコンフィ」開発のきっかけ

取材に対応してくれたのは代表の耕田 慧介(こうだ・けいすけ)さんと加工部門を担当する奥様の知美(ともみ)さん。
先代の頃から養殖業を営まれている大島水産種苗では、今回、賞を受賞した
「鯛のコンフィ」のほかにも様々な加工品を
【さいかいといろ】というオリジナルブランドとして展開しています。

養殖事業を長年営まれている中で、どのような経緯で加工品造りに至ったのでしょうか?

「加工品の開発は、まだ始めたばかりなんです。以前から、手軽に家庭でお刺身を食べてほしくて、刺身用にブロックに切り分けた商品などは出していたのですが、それだけではなくて、もっとお魚を美味しく手軽に食べたくなる商品を作りたいということで、津本さんにご協力をいただき、自社で養殖している魚の加工品開発をすることにしたんです。」

なるほど!
確かに家に帰って、魚を捌くところからとなると
慣れない人にとってはちょっとハードルが・・・

でも切るだけ・焼くだけ・温めるだけとかだと
簡単にお魚が食べれて
いいですね♪

「鯛のコンフィ」は、自社自慢の肉厚の鯛をハーブなどが入ったオリジナルの調味オイルでじっくり低温調理することでしっとりふっくらと風味豊かに仕上げた逸品。

冷凍で販売されているこちらの商品は、食べる時にレンジで軽く温めるだけ!
鯛はもちろんですが、オイルもまたとっても美味しいんです。
パンやパスタとあえて全部を味わうのもオススメなのだそうですよ!

商品のアイデアは加工部門を担当する知美さんが「こんなのあったらいいな!」というひらめきから生まれるそう。

そんなアイデアから生まれた商品には今回の「鯛のコンフィ」の他にも
「鯛の塩麹漬け」「鯛の味噌漬け」「しまあじの塩辛各種(プレーン・ドライトマト・ドライみかん・大葉)」など、西海市の原料にこだわった加工品の数々があります。

たくさんの人に魚の美味しさを知ってほしい!

加工品開発を始めた理由には、【西海で育った美味しい魚をもっとたくさんの人に食べて、知ってもらいたい!】という思いがあるのだそう。

もちろん鮮魚で新鮮なものを食べてもらうのが一番ですが、加工品にすることで「西海の美味しい逸品として送りたくなる」そんな商品を作りたかったと言います。

そのために、「さいかいといろ」のブランドはロゴ・パッケージ・リーフレットなども友人のデザイナーさんにお願いし、細部までこだわって作られています。

水槽内にはたくさんの魚!

(有)大島水産種苗の施設内では、いろんな魚が養殖されています。

トラフグやひらめ、鯛やしま鯵などいくつもある水槽では魚種ごとに細やかな管理をしながら育てられています。

もちろん時期によって水槽内の魚は変わるそうですが、愛情たっぷりに育てられた魚たちは、活魚としても全国各地へと出荷されています。

昨今はコロナの影響で、魚の流通量にも多大なる影響が出て厳しい状況もあるのだそうですが、そんな状況の中でも
「美味しい魚を全国へ届けたい!」
という熱意を持って、日々いろんな挑戦をされている
(有)大島水産種苗のみなさん。

自慢のお魚は、道の駅さいかいみかんドームや直場所よかところのほか、
西海市のふるさと納税e-ながさきどっとこむにて出品されています。

今回ご紹介した鯛のコンフィなどの他、人気のとらふぐのセットなども
あるそうですので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

Instagramでも情報発信されています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

有限会社 大島水産種苗
(おおしますいさんしゅびょう)

西海市大島町1236-3
TEL 080-3954-3464

 

Follow Us

© 2022 All Rights Reserved .Desigh by varygood

Scroll to Top