地域メディア「ばりぐっど」が西海市を変える!編集長・宮里賢史さんを直撃!

こんにちは、ライターのかのぽむです。   西海市で最近話題になっているローカルメディア「ばりぐっど」。 イベント情報や連載エッセイなど、さまざまな記事が掲載されています。   この「ばりぐっど」とは一 …

こんにちは、ライターのかのぽむです。

 

西海市で最近話題になっているローカルメディア「ばりぐっど」。

イベント情報や連載エッセイなど、さまざまな記事が掲載されています。

 

この「ばりぐっど」とは一体何なのか?

その魅力について宮里賢史編集長にお話を聞きました。

編集長の宮里賢史さんは広島県出身の現在29歳。

縁あって西海市のシティマネジャーに就任し、メディアの力で市を活性化させるため「ばりぐっど」を誕生させました。

なんと開始当初は運営費用をほぼ自費でまかなっていたそうです!

 

2018年2月に、市から4割の出資を受け「株式会社西海クリエイティブカンパニー」を設立。

これまで行政の力だけではできなかったことも、民間ならではの斬新な発想力を活かして、西海市に新しい風を吹き込みます。

 

西海市民がライターとなって、鮮度抜群のローカルネタをレポート

【かのぽむ】

「ばりぐっど」とほかのメディアの違いはなんですか?

 

【宮里さん】

ばりぐっどの最大の強みは、西海市民自身がライターとなって記事を執筆していることです。

プロのライターのように饒舌な文章ではないかもしれないけれど、地元の人ならではの視点で書かれた記事が魅力ですね。

市民ライターのほとんどが子育て中のママさんなので、育児情報も充実しています。

新聞やタウン誌には真似できないようなディープな情報を、これからもどんどん取材していきますよ。

 

「ばりぐっど」にしかできないやり方で、西海市の活性化を目指す

【かのぽむ】

今後「ばりぐっど」は何を目指していくのでしょうか?

 

【宮里さん】

まずは市民ライターを育成することで雇用を創出します。

そしてWebを使って西海市の魅力を発信し、県内外から多くの人を呼び込みたいです。

Webならではのフットワークの軽さを活かして、常に新鮮なローカルネタを掲載していきますよ。

 

今後は西海市の広報誌とも連動しながら、Webだけでなく紙媒体でもうまく展開していければと思っています。

最終的に一人でも多くの人が「ばりぐっど」を読んで、「西海市に住みたい!」と思ってくれたら最高なんですけどね。

 

まとめ

全国的に見ても数少ないローカルメディアを、一から生み出した宮里さん。

「ばりぐっど」編集長として、西海市をますます盛り上げていってください!

RECOMMEND

【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第8話】<虫のお話>
【10/23〆切】無人島・田島で運命のパートナーと出会う婚活イベントを開催!
【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第6話】<カメムシの効能?>

RANKING

【ウエストのおんな(第1話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/若者まわり・おばちゃんまわり~
【ウエストのおんな(第3話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストジプシー~
【小料理あかねの逸品】小さなお子様×ショッピングカートにご注意。
【ウエストのおんな(第2話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストの天使~
『西海市』をガッツリ楽しもう!おすすめスポット3選!

USER CONTENTS