【4/7(土)・8(日)開催】大瀬戸の春の大祭!とんばんさん〜本番直前の練習場に潜入〜/大瀬戸支局

1

こんにちは、ばりぐっど大瀬戸支局の"のこ"です。 暖かい日も多くなり、春の訪れを感じる今日この頃。 お出かけもしやすくなりますね〜♪ 春のイベントといえば…     大瀬戸の春のイベントの代名詞!とん …

こんにちは、ばりぐっど大瀬戸支局の"のこ"です。

暖かい日も多くなり、春の訪れを感じる今日この頃。

お出かけもしやすくなりますね〜♪

春のイベントといえば…

 

 

大瀬戸の春のイベントの代名詞!とんばんさん!!

大瀬戸町樫浦地区の琴平神社の春季大祭である『とんばんさん』。

その年の豊漁・豊作を願って行われます。

とんばんさんでは、神社の神輿が樫浦郷の中心地に設けられた御旅所に渡御します。

4月7日(土)は御旅所に向かう『お下り』、4月8日(日)は神社に戻る『お上り』です。

渡御においては、獅子舞や天狗などのお神輿行列とともに、女方による踊り子、男方による白塗りの顔に海の幸・山の幸を描いた奴(やっこ)達が歌いながら歩きます。

子ども達の奴は、可愛らしい歌声で注目を浴びます。

大人達の奴は、大声で歌いながら、酔っ払いのような千鳥足でユニークな動き。笑いを誘います。

御輿の下を通り抜けると無病息災、

幼い子が獅子舞から頭を噛んでもらうと、健やかに成長するなどの言い伝えが。

今年はどんな光景が見られるか、楽しみです!

 

 

受け継いだ伝統を表現するために!本番に向けて練習の日々

事前告知にあたり、演者の方々の練習場に潜入いたしました!

太鼓や笛の猛稽古。

女性の皆さんは、しなやかな踊りを何度も何度も繰り返し練習していました。

野外練習も。月明かりに照らされながら、小学生の子ども達も頑張ります。

練習だけで見ることができる、夜の獅子舞。昼間とはまた違う迫力が!

演者は、本番の約1ヶ月前から、お仕事や学校が終わったあと、毎日のように練習に励んでいます!!

 

 

歴史を守りたい!時代に合わせた変化でつなぐ伝統

琴平神社総代の浦山さん(左)と樫浦地区区長の林田さん(右)

「とんばんさんは、再来年で140回です。」

ということは、今年は138回目!!

「昔は、演者は樫浦地区の区民だけでした。」

樫浦地区の区民でも、なりたくても演者になれない人がいるくらいだったようです。

「しかし、今は人、特に子どもの数は少なくなり、他の地区からの参加が多くなりました。」

お二人のお話では、他の地区の協力により、今年はじめての演技も披露されるそうです。

 

少子高齢化に伴う伝統行事の継承の難しさは、どの地域でも抱える課題。

とんばんさんでは、時代に合わせた変化を受け入れながら、工夫をこらし、長年の伝統が守られているのです。

さぁ!待ち遠しいですね〜。

演者の練習の成果、関係者の伝統を守る努力。そして、とんばんさんに関わる人々の思いが溢れる本番までもうすぐです!

ぜひ足を運んでください!!

 

*過去の演技写真は、かつて樫浦地区にあった『毛利写真館』の毛利和洋様より、15年程前のお写真を提供いただきました。ありがとうございました。

 

RECOMMEND

【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第8話】<虫のお話>
【10/23〆切】無人島・田島で運命のパートナーと出会う婚活イベントを開催!
【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第6話】<カメムシの効能?>

RANKING

【ウエストのおんな(第1話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/若者まわり・おばちゃんまわり~
【ウエストのおんな(第3話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストジプシー~
【小料理あかねの逸品】小さなお子様×ショッピングカートにご注意。
【ウエストのおんな(第2話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストの天使~
『西海市』をガッツリ楽しもう!おすすめスポット3選!

USER CONTENTS