馬に乗り、弓を射る!伝統芸能「流鏑馬(やぶさめ)」体験会レポ!

こんにちは、ばりぐっど編集部のめーたんです。 みなさん、流鏑馬(やぶさめ)ってご存知ですか? 武将のような華麗な衣装で馬に乗り、走りながら的にめがけて弓矢を射るもので、私もテレビのニュースで流鏑馬の様子を何度か見たことが …

こんにちは、ばりぐっど編集部のめーたんです。

みなさん、流鏑馬(やぶさめ)ってご存知ですか? 武将のような華麗な衣装で馬に乗り、走りながら的にめがけて弓矢を射るもので、私もテレビのニュースで流鏑馬の様子を何度か見たことがあります。

10月のとある秋晴れの日、この伝統的な流鏑馬の体験会が西彼町で開催されると聞き、興味津々で参加してきました!

馬と伝統文化に触れ合う

遊湯館・シニアヴィレッジ(西彼町鳥加郷)横の敷地で「西海子ども流鏑馬体験会」が開催されました。

弓の教習、乗馬体験、えさやりなど、親子で楽しみながら馬とふれあい、日本の伝統文化に親しむという内容で、たくさんの親子連れで賑わいました。

この体験会を主催するのは、長崎諏訪流鏑馬奉賛会とNPO法人長崎流鏑馬保存会のみなさんです。

デモンストレーション!

午後12時からデモンストレーションが始まりました!最初に的へ弓を射るところから。衣装を纏った女性が、大きな弓矢をギリギリと引き、放ちます!

見事、的に命中!一瞬で板が真っ二つに割れました。

 

次は馬に乗りながら、弓矢を放ちます!
馬の速度と弓矢を放つタイミングが難しそうです。意識を集中させて、スパッと的を射る姿がとてもかっこいい!

 

デモンストレーションの最後を飾るのは、代表の本田殖也(ほんだ・たつや)さんです。颯爽と馬を乗りこなし、見事的に命中!すごい迫力でした!

長崎くんちで奉納される神事

長崎諏訪流鏑馬奉賛会のみなさんは、毎年「長崎くんち」で流鏑馬神事を奉納しているそうです。

代表・本田殖也さん(右)

「お諏訪さん(長崎諏訪神社)の流鏑馬神事は、古くから江戸時代まで行われていましたが、江戸末期にお諏訪さんが火災で消失し、それ以降、流鏑馬神事が途絶えていました。それを2013年(156年ぶり)に復活させ、毎年お諏訪さんで流鏑馬奉納を行っています」と本田さん。

こちらは、保存会メンバーの中学生たち。これから流鏑馬の伝統を受け継ぐ大切な役割を担う、頼もしい存在です!

体験会のようす!

では、体験会のようすをお伝えします!
受付を済ませた参加者が、実際に流鏑馬を体験しました。

馬に乗る前に、まずは弓矢の練習です。先端がゴム製の弓矢で的をねらいます!

体験会第1号は小学校2年生の男の子です。手伝ってもらいながら、自分からサッと馬に乗り、いざ出発!

 

白馬に乗った少年。スタッフのみなさんが馬を引いてくれるので、子どもだけでも安心です!

 

的のところへ到着!先ほど練習した成果はいかに!?
見事命中しましたよ!(パチパチパチ)

 

充実のフードトラック!

こちらのイベントでは、フードトラックも登場。
ちょうどお昼時だったので、美味しいものを食べながら
流鏑馬体験会を楽しむことができました!

種類が豊富なたこ焼き屋さん。

唐揚げ、フライドポテト。お隣はカフェです!

こちらは、おしゃれなたい焼き屋さん。パイ風のたい焼きでした!

 

あとがき

西彼町で初めて開催された流鏑馬体験会。私も実際に体験しましたが、馬に乗っていると、自然と背筋がまっすぐになり、景色を高いところから見渡せて気分爽快!そして矢が的に命中したときは、ヤッター!と嬉しくなりました。

町内から来ました!という親子連れの方は「日本の伝統芸能を身近に触れることができて、とても素晴らしい経験になりました!」とおっしゃっていました。

また来年も開催されるといいですね!

 

 

 

 

 

 

 

USER CONTENTS