【キラリ☆kirari~西海の輝く女性たち~vol.4 ぐみの実コーラス代表:一瀬紀子氏】

「ぐみの実コーラス」代表の一瀬紀子(いちのせ・のりこ)さんは、毎週木曜日に西彼町のご自宅で練習会を開かれています。 10月に開催予定の「ぐみの実コーラス50周年記念コンサート」に向け、多忙な日々の中、楽しそうに準備に取り …

「ぐみの実コーラス」代表の一瀬紀子(いちのせ・のりこ)さんは、毎週木曜日に西彼町のご自宅で練習会を開かれています。

10月に開催予定の「ぐみの実コーラス50周年記念コンサート」に向け、多忙な日々の中、楽しそうに準備に取り組む一瀬さんのキラリ☆kirariに迫りました。

 

【プロフィール】

一瀬 紀子(いちのせ・のりこ)

西海市西彼町出身、1940年生まれ。地元の小学校を卒業し長崎市内の女子校へ進学。西彼町立亀岳中学校(現:西海市立西彼中学校)で家庭科教諭として勤務。結婚、出産後、育児に専念するため退職。「ぐみの実コーラス」の代表をはじめ、茶道、華道、大正琴の講師としても活動。現在は夫、長男家族、愛猫のリリィと西彼町に在住。

 

 

【歌が大好き!楽しく歌うのがいい!】

家庭科の先生が、音楽の先生に

歌は大好き!上手になったにこしたことはないけど、とにかく楽しく歌うのがいいです!音楽は小さいころから好きでやっていました。

家庭科の先生として亀岳中学校(現:西彼中学校)で勤務し、次は亀岳小学校(現:ときわ台小学校)で音楽の先生として勤務しました。当時、音楽の先生がいなくて、朝礼で大きなアコーディオンを使うようにと言われ、どうしようって。演奏したことがなかったので長崎へ習いに行きました。音楽は趣味でやっているぐらいだったので、とても大変でしたよ。

 

 

コーラスグループを始めたきっかけ

育児に専念するため退職した頃、友人から「大村にあるカトレアコーラスの指揮になったので、あなたもコーラス始めてみない?」と声をかけられたことです。

当時の亀岳中学校の校長先生が音楽の先生で、自分が指導をしてあげるからと後押しもあり、始めました。校長先生は転勤後も指導してくれて(この頃に木曜日の午後8時と練習日時が決まり、今に至ります。)

定年後も続けられ、第1回の「ぐみの実コーラス発表会」開催までの12年間、指導してくれました。

 

歴史あるコーラスグループ

昭和40年ごろ、ママコーラスが各地に増えはじめ、県民音楽祭が大村で開催されたときにママコーラスの連盟(現:長崎県おかあさんコーラス)が発足。

人数が少なかった時もあるけど、毎年みんなで参加することが楽しみで、「ぐみの実コーラス」は40年無欠席出場で表彰されました。長崎県内のコーラスグループでは、「長崎ママのコーラス」と「ぐみの実コーラス」の2つだけです。

 

 

コーラスの魅力は?

コーラスは、人とハモって人の声を聞いて、その楽しさというのが一番。だからコーラスがやめられないの。カラオケは1人で楽しむものでしょう。コーラスというのは、相手がいること、そのハモリが本当に楽しいんです。コーラス一途ですよ、上手下手は別として楽しく歌うことが目的です。

コーラスはとにかく楽しみで、好きでやっているから世話をするのも苦にならないの。

 

みんなで一緒に歌うと、声が重なり合ってきれいなハーモニーになるところがコーラスの魅力ですね!

 

 

【ぐみの実コーラスグループについて教えてください】

「ぐみの実コーラス」が50年続いているのは・・・

西彼は田舎、山なので、「山ぐみ」のつもりです。見た感じ派手ではなく、食べると本当に素朴な感じの甘味で、西彼にはちょうどいいんじゃないかな、ふさわしい名前かなと、素朴な「山ぐみ」をイメージして名づけました。

 

「山ぐみ」を辞書で調べたら「枝が折れない、弾力性があって」と書いてあって、「ぐみの実コーラス」の活動が50年続いているのは、その名前のように弾力性があって折れないからかしらと、みんなで言っています。

 

テーマソングは「野に咲く花のように」

当初、ぐみの実コーラスの指導をされた校長先生作の「ぐみの実 桑の実」という歌がテーマソングでしたが、現在はメンバーのみんなが気に入っている「野に咲く花のように」がテーマソングになっています。

 

 「あなた、一緒にコーラスやりましょうよ!」

毎週木曜日の午後8時から、自宅に集まって練習をしています。現在メンバーは20名で、ほぼ西彼町からです。大村や長崎から来ているメンバーもいますよ。月に2回はピアノの先生と、指導者の先生にも来てもらっていて、あとは自主学習をしています。

 

 

特別に募集をしているわけではないけれど、会う人にはいつでもコーラスに誘っています。カラオケは有名だけどコーラスはなかなか入ってくれないの。今は50周年で一区切りということで、これまでやってきた曲を練習しています。

 

 

【50周年記念コンサートに向けて】

どんなコンサートにしたいですか?

この50年間でやってきたものを聴いてもらいたいので、新しい曲は選んでいません。50年がんばってきたものを選んで、雰囲気としては堅苦しくなく、会場の人も一緒に楽しめるようなコンサートにしたいです。

 

「切手のないおくりもの」と「ハレルヤ」を混声合唱でやります。昔の映像やスライドショーを流して歴史をお披露目するような、会場の人も一緒に楽しめる内容を考えています。

 

男性家族も参加しての混声合唱も

昨年、ファミリーコンサートを開催した時に、夫や息子、孫など男性家族にも参加してもらい、「花」と「切手のないおくりもの」2曲を混声合唱でやりました。

男性向けに1回だけ1時間の練習で、本番はみなさん楽しめてすごくよかったんです。だから、今年の50周年コンサートでも混声合唱をします!

 

大きな節目となる50周年記念コンサートは、メンバーのみなさん、ご家族、お客さんの心に残る楽しいコンサートになりそうですね!

 

 

2018年のコンサート出場予定

年内の発表会出場は3回あります。

■2018年10月6日(土)

第45回おかあさんコーラス (長崎市民会館)

■2018年10月14日(日)

「ぐみの実コーラス」50周年記念コンサート(西彼農村環境改善センター)

■2018年12月

西海市の音楽祭(西海市内)

 

【あとがき】

2018年10月14日(日)、西彼農村環境改善センターにて「ぐみの実コーラス50周年記念コンサート」が開催されます。これで一区切りとおっしゃる一瀬さん。

コーラスについて語るときの澄んだ瞳、そしてコーラスへの一途な思い。

笑顔でユーモアを交えながらも、乙女のような純粋さを漂わせる一瀬さんがキラリ☆kirariと輝いているのは、「自分が大好きなこと」と「楽しく生きること」を実践しているからだと感じました。

「ぐみの実コーラス」の今後の発展とご活躍をお祈りいたします!

 

一瀬さん、ぐみの実コーラスのみなさん、インタビュー取材へのご協力どうもありがとうございました。

RECOMMEND

【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第8話】<虫のお話>
【10/23〆切】無人島・田島で運命のパートナーと出会う婚活イベントを開催!
【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第6話】<カメムシの効能?>

RANKING

【ウエストのおんな(第1話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/若者まわり・おばちゃんまわり~
【ウエストのおんな(第3話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストジプシー~
【小料理あかねの逸品】小さなお子様×ショッピングカートにご注意。
【ウエストのおんな(第2話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストの天使~
『西海市』をガッツリ楽しもう!おすすめスポット3選!

USER CONTENTS