とんばんさん『お上り』参加レポート〜準備中の舞台裏から潜入取材〜

2

こんにちは、ばりぐっど大瀬戸支局の”のこ”です。 4月7日(土)、8日(日)に大瀬戸の大祭『とんばんさん』が開催されました! 7日の『お下り』では悪天候にみまわれましたが、8日の『お上り』は天気にも恵まれ、たくさんの観客 …

こんにちは、ばりぐっど大瀬戸支局の”のこ”です。

4月7日(土)、8日(日)に大瀬戸の大祭『とんばんさん』が開催されました!

7日の『お下り』では悪天候にみまわれましたが、8日の『お上り』は天気にも恵まれ、たくさんの観客でにぎわいましたよ♪

当日の様子をお届けします!!

 

準備段階からテレビ取材やカメラマンが殺到!注目される伝統行事とんばんさん

今回、まずは演者たちの準備中のところに潜入しました!

準備場所の公民館に行くと…テレビ取材や多人数のカメラマンが!

とんばんさんが注目されていることをあらためて実感!

負けじと私も、準備風景を激写しましたよ〜!!

白塗りの顔に、インパクトのある絵やメイクが色鮮やかに施されます。

なんともユニークな鋏み箱(はさみばこ)の子どもたちの顔!!

いい表情しますね〜♪

海の幸が描かれ、”豊漁祈願”の意味が込められています。

子どもたちの顔塗りが終わった後は、大人たちが。

さすが!ユニークでありながら、迫力を感じさせる貫禄があります!!

とんばんさんの先輩が、後輩の準備の手伝います。

このようにして受け継がれていくものがあるのですね。

あら。こちらは、お孫さんがおじいちゃんのお手伝い♪

さまざまな世代が集まり、教えあい・助け合いの光景を目にすることができました。

裏では地域のご婦人たちが、演者の食事を準備する姿が。

このような裏方の存在も、伝統行事の継承には大切なんですよね。

本番に備えて腹ごしらえ!

本番直前。女性のみなさんは、ギリギリまで最終チェックを怠りません。

緊張混じりの良い表情です!

晴れ渡る青空のもと、とんばんさん『お上り』がはじまりました!!

 

 

練習の成果を十分に発揮!観客を沸かせる演技の数々

神事が行われている間、御旅所(おたびしょ)付近は神輿行列を待つ人でいっぱい。

獅子舞が出てきました!

まずは、迫力の舞いを披露!!

その後獅子舞が御旅所を出て、行列が動き出しました。

行列を先導する役割の箒持ち(ほうきもち)

小学校中〜高学年の子どもたちが、力強く回りながら歩きます!

大人が20人ほどで担ぐ立派なお神輿。

多くの方が”無病息災”を願い、お神輿の下をくぐっていましたよ。

中学生による太鼓浮立(たいこふりゅう)

大きな動きで太鼓を打ち鳴らし、練習の成果を十分に発揮していました!

小学生〜中学生の女の子による、しとやかな太鼓も。

そして、観客を笑顔にさせるのが、子どもたちの鋏み箱(はさみばこ)

かわいらしい歌声と動きを見せてくれました!

夜の練習では、月明かりに照らされて一生懸命練習していた子どもたち。

それを思い出すと、感慨深いものがありました!

こちらも繰り返し練習していた、女性陣の素敵な踊り。

きれいに揃った動きは、あっぱれです!

女の子たちの踊りも、とってもかわいい♪

そして行列の最後にきました!大人の鋏み箱!!

まるで腰に抱えたひょうたんから、お酒を飲んだような千鳥足の動きが、なんともユーモアたっぷり!

目を休める暇がないほど、見ごたえのある行列でした!

 

 

とんばんさんのもう一つの見どころ!獅子舞×子どもたち

とんばんさんでは、『子どもが獅子舞に頭をかまれると、すくすく成長する』という言い伝えがあります。それがまた、見ている人が思わずほころんでしまうような光景なのです。

獅子舞に頭をかまれている子どもの周りを、カメラマンが囲って狙うシャッターチャンス!

子どもが大泣きすればするほど、盛り上がります!!(子どもたちには迷惑な話ですが…)

まだ獅子舞の怖さを知らない赤ちゃんは、平然としていることが多いのですが…

だんだん大きくなり、怖さを理解するお年頃になると…

このとおり!

のけぞって嫌がったり、ママやパパにしがみついたり。

今回私が激写した中の、ベスト・オブ・泣き顔!!

子どもたちもお疲れさまでした!

すくすくと成長してくださいね♪

 

鋏み箱の大ベテラン!中富さんからみた『とんばんさん』

40年以上鋏み箱を演じている中富(なかとみ)さん。お話をうかがいました。

とんばんさんはもうすぐ140年になります。その歴史の中で、大人の鋏み箱は一度途絶えました。それが40年ほど前に『やはり面白いからやろう』という声が上がって復活し、それからずっと演じています。」

とんばんさんの長い歴史を見てきて思うこととして、

「地域の人口自体が減っているため、演者も観客も昔に比べると少なくなりました。かつては樫浦地区だけで演者を構成していましたが、今は地区を超えて協力し合っています。そうやって、地域を盛り上げる伝統行事として受け継いでいきたいですね。」

 

本番に向けての練習や、本番直前の準備段階から潜入させていただいた今回の取材。

表舞台を飾る演者や裏方でサポートする地域の人々など、伝統行事を通じてさまざまな世代が交流し、一丸となって一つのことを成し遂げる様を肌で感じました!

観客もまた、赤ちゃんからお年寄り、里帰りして見にくる人などさまざまな世代が集まります。そこで「太鼓ば叩きよっとや、あそこん子ね〜」「赤ちゃんの可愛かって〜」という何気ない会話が。

また、「とんばんさんは盛り上がるね〜」「やっぱり大瀬戸よかね〜」と伝統行事を通じて地域の良さを確認しあうなど、人々の交流があります。

私たちが伝統行事をつなぐだけではなく、伝統行事もまた私たちの”人と人の交流”や”地域愛”をつないでくれているのかもしれません。

今からまた来年のとんばんさんが楽しみです!!

 

以上、ばりぐっど大瀬戸支局からでした!

 

 

RECOMMEND

【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第8話】<虫のお話>
【10/23〆切】無人島・田島で運命のパートナーと出会う婚活イベントを開催!
【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第6話】<カメムシの効能?>

RANKING

【ウエストのおんな(第1話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/若者まわり・おばちゃんまわり~
【ウエストのおんな(第3話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストジプシー~
【小料理あかねの逸品】小さなお子様×ショッピングカートにご注意。
【ウエストのおんな(第2話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストの天使~
『西海市』をガッツリ楽しもう!おすすめスポット3選!

USER CONTENTS