《ウエストのおんな~やんわりと春風~第1話》オリンピックからの~ひな祭り

1

こんにちは。少しずつあたたかな風が吹き始め、花粉も飛びまくり、すでにお鼻がグズグズの海近住子(うみちかすみこ)西彼在住アラフィフパート主婦でございます。   3月に突入! 1日には公立高校の卒業式が行われ、ちょ …

こんにちは。少しずつあたたかな風が吹き始め、花粉も飛びまくり、すでにお鼻がグズグズの海近住子(うみちかすみこ)西彼在住アラフィフパート主婦でございます。

 

3月に突入! 1日には公立高校の卒業式が行われ、ちょうど1年前に我が家の末娘も卒業式だったなぁ。なんて思っちゃったりなんかして。

 

年月が過ぎるのってホントに早いわ。

 

・・・あらやだ! また言っちゃった!

「年が過ぎるの早い」って、何かにつけ言ってる私。

 

 

イヤイヤ・・・そんなことより

今ワタクシは絶賛カーリングロス中。

 

平昌オリンピックが終わってしまい、毎日のように応援していたカーリングがもう見れない・・・。

 

初めはカーリング男子の両角選手を見たいといういたって不純な理由でチャンネルを合わせていた私だが、その競技の奥深さに『ズバーン』とハマってしまった。

 

「お、面白い!」

残念ながら男子はメダルを獲ることはできなかったが、その分女子が頑張ってくれて私も最後まで応援することができた。

 

だから『そだね~ジャパン』が銅メダルを獲ってくれて本当に嬉しかった。おかげでオリンピックが終わって5日も経つのにまだまだカーリングロスなう。

 

今まで冬のオリンピックをここまで興味を持って見たことなんてなかったのに、今回のハマり方はすごかった。

 

両角選手ありがとう!

あ! いや! カ、カーリングありがとう!

 

たくさんの感動をもらったし、色んな競技を知ることができたし、それぞれの選手のみなさんの謙虚さと努力、チーム愛と感謝の心。素晴らし過ぎて涙が出た。

 

それを考えるとアラフィフのおばちゃんは生まれてこのかた何やってきたんだろうと、ふと夜の星空を眺めてみたりする。

 

よし!もっとマジメに生きよう。

 

さて本題です。明日は『ひな祭り』!

 

前置きがいつになくスーパーロングですみません。やっぱオリンピックネタは外せんですもんね。

 

3月といえば桃の節句。

 

で、我が家にもひな人形がある。

 

もちろん実家のじい様とばあ様が我が家の一人娘の為に買ってくれたもので、簡単に出し入れができるように七段飾りじゃなく、三段飾りあたりをリクエストしたものだ。

 

すっかりコンパクトなパッケージで我が家にやってくるものだと思っていたら、思った以上にデカイ段ボールが「どうも~」って3つやって来た。

 

へ~ コンパクトじゃないんだ~。

三段飾りがコンパクト設計って、私の全面的妄想?

箱からヒョイと出してヒョヒョイと飾る私の計画は?

 

ちくしょう。デカい段ボールを和室に広げてまず台からセッティング。それからチマチマしたパーツをガンプラのように組み合わせていく。

 

七段飾りと対して変わりない手間のかかりよう。

 

それともう1つの問題点。人形を飾る和室が鬼のように寒い。

 

我が家の和室は『海近家の北極』と呼ばれ、位置的に陽があまり入らない。なので冬場は特に誰も近づかないくらいに冷たく寒いのだ。

 

普段使わない部屋というところがネックで、人の出入りのない部屋は冬から春先まで『キンキンに冷えてやがるぜ』いや『冷えているの』である。

 

さながら雪山にアタックするイモトアヤコ?くらいな重装備で作業に向かわなければならない。

 

まさに命がけ。

『行きはよいよい 帰りは怖い』とはよく言ったもので、飾るときはまだキレイなひな人形を見れるという楽しみもあって、我慢すればなんとか乗り越えられる。

 

しかしひな祭りが終われば、それをまた段ボールの中へ仕舞わなければならない。極寒の地での作業は気力も体力も奪われてしまう。

 

それぞれのパーツをそれぞれのの小箱に分けて仕舞う。ややというか、かなりめんどい。

 

不思議なことにそれぞれの小箱が、初めに入っていた時のようにすんなり段ボールの中に収まらなかったりする。

 

これは摩訶不思議!

 

解決策はほんの少しだけ小箱のフタにギューっと圧をかけて閉めてみる。その小箱を段ボールに戻すと、ほらちゃんと収まる。カンタンスッキリ問題解決。

 

来年フタを開けると圧をかけた分、小箱に納まっていた三人官女が三人同じ方向に首をかしげているかもしれない。

 

それはそれでキュート♡

 

とかなんとか言って。また今年もその首をかしげたキュートな三人官女に会うことはできなかった。

 

極寒の北極に向かう勇気がどうしても出ない。

 

娘も家に居ない事だし、我が家の女子はアラフィフだけだし、ま、いっか。

 

しかしそろそろ三人官女も首が痛くてたまらんだろうから、来年こそは娘を呼んで2人で飾ろう。

 

ということで、今年も残念ながらひな人形は無しだけだけど、ひな祭りらしく『ちらし寿司』ぐらいは作ろうか。

 

ではこれから『すし太郎』を買いに愛車でウエストに寄らせていただくことにするわ。

《ウエストのおんな~やんわりと春風~第2話》こちらよりどうぞ

RECOMMEND

【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第8話】<虫のお話>
【10/23〆切】無人島・田島で運命のパートナーと出会う婚活イベントを開催!
【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第6話】<カメムシの効能?>

RANKING

【ウエストのおんな(第1話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/若者まわり・おばちゃんまわり~
【ウエストのおんな(第3話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストジプシー~
【小料理あかねの逸品】小さなお子様×ショッピングカートにご注意。
【ウエストのおんな(第2話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストの天使~
『西海市』をガッツリ楽しもう!おすすめスポット3選!

USER CONTENTS