ウエストのおんな《コスモス揺らす秋の風 第1話》~穏やかに健やかに優しく毎日を過ごすには~

ウエストのおんな、2020秋

朝晩すっかり肌寒く感じるのは・・・私だけ・・・?   もう秋ですね。急に空が高くなったような気がする。 さすがにビニールハウスの中はまだまだ夏真っ盛りで、空調服もバリバリ頑張ってくれているところだ。 &nbsp …

朝晩すっかり肌寒く感じるのは・・・私だけ・・・?

 

もう秋ですね。急に空が高くなったような気がする。

ウエストのおんな、秋

さすがにビニールハウスの中はまだまだ夏真っ盛りで、空調服もバリバリ頑張ってくれているところだ。

 

でも考えてみると汗の量が少し変わってきたかもしれない。

 

どうやってわかるかというと・・・それはカンタン

 

トイレの回数(笑)

 

8月の日差しが刺すくらいにキビシイ頃は、汗も冗談抜きで「そんなに??」というくらい出るので、体中の水分が汗で出てしまう感じである。

 

だから普段ならトイレに行く分の水分も、真夏は汗で出てしまうので、朝出勤前にトイレに行ってから仕事をこなして夕方家に帰って来るまで、1度もトイレに行かなくてよかったりする。

 

休憩時間には、お腹がタプタプなるくらい水分補給をしているが、それでも足りないということなのだろう。

 

それが、最近はトイレに行きたくなるので、まだハウスは暑いと言ってもちゃんと体は『秋』の到来を感じているのだ。

ウエストのおんな

えっと

なんの話してる?(汗)

 

いやいや、そんな話ではなく・・・。

 

今のご時世、色々と自粛や規制があってなかなか思うようにいかないことも多かったりする。

 

それでも私の住む地域は都会からするとまだ自由があると思う。

 

しかしこれまで近くでも、遠くでも、買い物やドライブに出掛けていた私にとってこの数ヶ月、どこにも行けないというのは、ご褒美をおあずけされた気がしてとてつもなく悲しいのだ。

 

あのクッソ暑いハウスの中で、それこそ体中の水分を汗で噴出しながら頑張って仕事をしてきたご褒美が・・・

 

はい

おあずけ~

ウエストのおんな

って言われている感じがして悲しいのだ。もうそろそろ悶々としていたストレスが弾けそうである。

 

そして・・・

 

パーーン!

ウエストのおんな、パーーン

 

はい!弾けたーーー。そして即行娘にLINE。

 

「ねーねーお泊りしたーーーーーい」

 

もう日帰りドライブでは満足できない緊急事態。

 

私の気持ちに拍車を掛けるように、ローカルの情報番組が新しい施設がオープンしたと県内のリゾートホテルを紹介していた。

 

県内と言っても実家から車で数十分で行けるお手軽リゾートホテル。ご近所リゾートホテル。

 

ここ!

ここに決定!

 

実は前に1度娘と日帰りで行ったことがある。その時も岩盤浴施設が新しくできたとローカルの情報番組で紹介していて、期間限定でお安くなっているとのことだった。

 

でも自宅を早朝に出発したにもかかわらず、時間が足りなさ過ぎて計画していたノルマを全然こなせなかったという苦い思い出がある。

 

これはぜひともこのホテルに泊まらねば!そして前回なしえなかったことを達成するべく・・・

 

行くよーー♡

ウエストのおんな

ねぇ 私、その情報番組とそのリゾートホテルに上手く乗せられてやしないか?

 

うん、乗せられてるねぇ。

 

しかし地元の為にお金を使うなら本望である。どうかもっともっと元気になってもらいたい。

 

結局、娘とアレコレ相談してお泊りを決定し、予約も娘に取ってもらった。

 

今は色んな旅行サイトがあって、どれが安いんだろうとアレだコレだと見ていると、なんだか目が回る。

 

おまけに色んな部屋の色んなプランがあって、ますます目が回る。

 

やはりゴートゥーなんちゃら~のお陰で、狙っていたタイプの部屋の空きがもう無い。

 

しかし色々見た結果、ホテルの公式ホームページからなら狙っていた部屋が空いていると娘から報告。

 

母、

すかさずGO!を出す!

ウエストのおんな、グー

が、スマホの向こうで「あ?何だ?えーーー!うーー」何やらうだうだと言っている。どうもホームページからの予約がややこしいらしい。

 

「電話で予約したが早くない?」と聞く私に

 

「私、若いんでネットの方で手続きいたします」

「てかさ、これ絶対お母さん予約できんよ。なんかわかりにくい」

 

あーーー

そう

 

なんかひとこと多くないっすか?

 

・・・そして無事に予約が取れた。良かった良かった。

 

は?

旦那?

ウエストのおんな

その辺の色々なモロモロはもちろん事後報告。

 

そんでもって、お泊り組に旦那は入れていない。もれなく次男も入っていない。

 

メンズはお留守番である。

 

暑い中ミイラになりながら仕事をしている私と、先日、荒れ狂う台風の中、1人たくましくアパートで一夜を過ごした娘との、2人のお疲れ様会なのだ。

 

それを言うと何も口答えのできない我が家のメンズ。

 

まぁ、だいぶゴキゲンになると思うので、そこは凌いでいただきたいと思う。

 

やはり心身穏やかに健やかに優しく毎日を過ごすには、『ご褒美』はとても大切。

 

特に女子には!

ウエストのおんな

今回連れて行ってもらえないメンズは、しかと感じたに違いない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※前回の『ウエ女』は・・・こちらからどうぞ↓↓↓

ウエストのおんな【あさがお揺れる夏の朝 第6話】~美味しいルーティン~

 

 

USER CONTENTS