65歳になる前に年金がもらえる「繰上げ受給」とは?

こんにちは、ライターのかのぽむです。 60~64歳のシニア世代のみなさん! 定年退職後、年金の支給が開始される65歳までの間、収入が無くて困っていませんか? 「貯金を切り崩してなんとか頑張っているけれど、生活が厳しい」と …

こんにちは、ライターのかのぽむです。

60~64歳のシニア世代のみなさん!

定年退職後、年金の支給が開始される65歳までの間、収入が無くて困っていませんか?

「貯金を切り崩してなんとか頑張っているけれど、生活が厳しい」とお悩みの方へ、今回は「繰上げ受給」の方法をお知らせします。

定年後、年金がもらえない待機期間とは?

20~60歳の間に年金に国民年金を払い終え、年金を受け取る受給要件を満たしていても、60~64歳まで年金をもらえない空白期間があります。これが待機期間です。(厚生年金保険の加入期間が12ヶ月以上ある方は、60~64歳の間に特別支給の老齢厚生年金を受給可能!)

ただし年金を受け取るためには、国民年金や厚生年金などの公的年金制度に10年以上加入している必要があります。金額は加入期間の長さによって増減しますのでご注意ください。若い頃に保険料の免除や未納があった方は、今からでも任意加入して加入期間を増やし、年金を満額に近づけることも可能です。

ご自身の年金記録に漏れや誤りがないか、今のうちにしっかりと確認しておいてください。

 

65歳になる前に年金をもらう「繰上げ受給」

「生活が苦しくて一刻も早く年金が欲しい」という方は、請求手続きを行えば60~64歳の間でも年金を受け取ることができます。これが「繰上げ受給」です。

ただし、以下の点にご注意ください。

 

1.老齢基礎年金の額が生涯に渡って減額されます。(元に戻せません)

2.障害基礎年金・寡婦年金が受け取れなくなります。

3.現在、国民年金の任意加入者になっている場合は受給できません。

 

年金を早くもらえるようになる分、金額は少なくなります。

メリットとデメリットをよく考えた上で選択してください。

 

 

年金をもらうために手続きは必要?

老齢基礎年金の受給権のある方には、65歳になる3か月前に「年金請求書」をお送りします。この書類が届く前に氏名・住所等を変更された方は、お住まいの地域の年金事務所や年金相談センターにご連絡ください。

既に国民年金機構にマイナンバーを登録済みの場合は、自動的にデータの変更が行われておりますので、手続きは必要ありません。

万が一、受給対象者の方が65歳になる前に亡くなった場合。ご遺族が年金事務所や年金相談センターに死亡手続きを行ってください。手続きには死亡診断書や戸籍抄本などが必要です。(既にマイナンバー登録済みであれば、手続きは不要)

また、一定の条件を満たしていれば、ご遺族が遺族年金をお受け取りいただくことも可能です。

年金は受給者側が様々な手続きを行う必要がありますので、周りのご家族もサポートをお願いします。

 

 

【お問い合わせ先】

■長崎北年金事務所 国民年金課

TEL:095-861-1354

 

■西海市役所 市民課

TEL:0959-37-0164

RECOMMEND

【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第8話】<虫のお話>
【10/23〆切】無人島・田島で運命のパートナーと出会う婚活イベントを開催!
【ウエストのおんな~赤とんぼと秋の黄昏刻~第6話】<カメムシの効能?>

RANKING

【ウエストのおんな(第1話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/若者まわり・おばちゃんまわり~
【ウエストのおんな(第3話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストジプシー~
【小料理あかねの逸品】小さなお子様×ショッピングカートにご注意。
【ウエストのおんな(第2話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストの天使~
『西海市』をガッツリ楽しもう!おすすめスポット3選!

USER CONTENTS