高齢者の「肺炎球菌感染症予防接種費用」を助成。1回2,000円で接種できます!

こんにちは、ライターのかのぽむです。 ゴホゴホと咳が長引いているのに「そのうち治るだろう」と放置してしまっていませんか? 特に高齢者の方は「ただの風邪だと思っていたら、いつの間にか肺炎になっていた……」という人も少なくあ …

こんにちは、ライターのかのぽむです。

ゴホゴホと咳が長引いているのに「そのうち治るだろう」と放置してしまっていませんか?

特に高齢者の方は「ただの風邪だと思っていたら、いつの間にか肺炎になっていた……」という人も少なくありません。

 

 

肺炎は「がん・心疾患」に続いて、日本人の死因に多い病気です。

特に高齢者の方は、肺炎になると重篤化しやすいと言われています。

怖いですね……。

 

そのため西海市では、肺炎の一因になる【肺炎球菌】から高齢者を守るため、「肺炎球菌感染症予防接種費用」の助成を定期的に実施しています。

助成の対象になっている方は、忘れずに予防接種を受けましょう!

 

 

「肺炎球菌感染症予防接種」の助成について

2019年度の助成対象者

 

65歳相当の人(昭和29年4月2日~昭和30年4月1日生まれ)

70歳相当の人(昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生まれ)

75歳相当の人(昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生まれ)

80歳相当の人(昭和14年4月2日~昭和15年4月1日生まれ)

85歳相当の人(昭和9年4月2日~昭和10年4月1日生まれ)

90歳相当の人(昭和4年4月2日~昭和5年4月1日生まれ)

95歳相当の人(大正13年4月2日~大正14年4月1日生まれ)

100歳以上の人(大正9年4月1日生まれ~それ以前)

 

該当する方は誕生日を迎える前でも接種できます

(西海市民であり、予防接種を希望する方のみ)

ただし、過去に肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことがある人は対象外です。

なお今回対象になった方は、来年度以降は対象になりませんのでご注意ください。

 

・60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器の機能障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害があり、身体障害者手帳1級に該当する方も対象です。

 

 

助成回数・個人負担金

1回 2,000円

※医療機関で直接手続き可能。市役所への申し込みは不要です。

 

 

実施医療機関

・市内の医療機関、県内の登録医療機関

市外で予防接種を希望される方は、医療機関が長崎県広域予防接種事業加入医療機関に該当することを確認してください。

(該当しない場合は、助成の対象にはなりません)

なお、個人負担金は市内の医療機関で予防接種を受けるのと同額です。

 

 

持参するもの

保険証

・60歳以上65歳未満の方は身体障害者手帳

・生活保護受給世帯の方は、福祉事務所長が発行した証明書を提出すれば無料で予防接種が受けられます。

 

 

助成を受けて接種できる期間

2020年3月31日まで

 

 

問い合わせ先

西海市役所 健康ほけん課

TEL:0959-37-0067

USER CONTENTS