【防災情報】衣服に火が燃え移る「着衣着火」が多発/調理中・たばこ・仏壇のろうそくなど、身近な危険にご用心!

こんにちは、ライターのかのぽむです。 これから寒くなるにつれて、空気がどんどん乾燥してきますね。 空気が乾燥すると増えてくるのが「火災」です。 冬は厚着をしたまま火を扱いがち……。衣服に火が燃え移る「着衣着火」の危険も高 …

こんにちは、ライターのかのぽむです。

これから寒くなるにつれて、空気がどんどん乾燥してきますね。

空気が乾燥すると増えてくるのが「火災」です。

冬は厚着をしたまま火を扱いがち……。衣服に火が燃え移る「着衣着火」の危険も高まります。

特に小さなお子様や高齢者がいるお宅では、十分気を付けてください。

 

着衣着火とは?

調理中のガスコンロやストーブの火などが、着ている服に燃え移る現象を「着衣着火」と言います。

寒い冬は室内でも上着や半纏(はんてん)を羽織る人が多いと思いますが、そのまま調理をするのは大変危険です。

袖口や腹部から燃え移り、あっという間に全身が火に包まれてしまいます。

燃え移る素材によっては、着火したことになかなか気づかない場合も……!

たばこや仏壇のろうそくも要注意です。

【引用元:長崎市消防局

 

着衣着火を予防するためには?

火を扱う時は、服装に十分気を付けましょう。

例えば袖や裾が広がっている衣服や、綿・レーヨンなどの素材を使った衣類の着用は避けた方が無難です。

防炎加工が施されたエプロンやアームカバーを使用するのもおすすめ!

キッチンをきれいに整理整頓し、ガスコンロの近くに物を置かないことも大切ですよ。

 

万が一衣服に着火してしまったら?

火が小さいうちは燃え移った場所を叩いたり、水をかけたりするのが有効です。

難しい場合はその場に転がり、燃えている箇所を地面に押し付けるようにして消します。(ストップ、ドロップ&ロール)

やり方はこちら↓

【引用元:静岡県袋井市役所

 

大事なのは「慌てて走り回らない」こと。

かえって火が大きくなり、被害を悪化させてしまいます。

ストップ、ドロップ&ロールを忘れずに!

 

お問い合わせ先

西海市役所 総務部 防災基地対策課

TEL:0959-37-0028

USER CONTENTS