不信なハガキやメールにご用心!悪質な「架空請求」が増加中

こんにちは、ライターのかのぽむです。 ある日、見知らぬ送り主から「今すぐ代金を支払わなければ訴訟を起こす」とハガキが届いた!そんな経験はありませんか? 突然こんなハガキが届いたら、びっくりしてしまいますよね。 最近このよ …

こんにちは、ライターのかのぽむです。

ある日、見知らぬ送り主から「今すぐ代金を支払わなければ訴訟を起こす」とハガキが届いた!そんな経験はありませんか?

突然こんなハガキが届いたら、びっくりしてしまいますよね。

最近このような手口でお金をだまし取ろうとする、「架空請求」が増えています。

 

 

ターゲットにされるのは高齢者や未成年者が多い

訴訟最終告知などと書かれたハガキには、「今すぐお金を払わなければ訴訟差し押さえが行われる」など、恐ろしい内容が書かれています。

これは「今すぐなんとかしなければ、大変なことになってしまうのでは・・・」と、相手の不安をあおるのが狙いです。

ターゲットになりやすいのは、高齢者未成年者

これまで被害にあった高齢者の方は、周りに相談できる人がおらず、ハガキに書かれていた連絡先に電話をかけてしまうケースが後を絶ちません。

また未成年者の場合、メールやWebサイトで架空請求の被害を受ける場合もあります。

スマートフォンやパソコンから、こっそり成人向けのサイトを閲覧してしまい、その料金の請求が来たのだと早合点してしまうケースが多いようです。

「家族にバレたくない」という思いで、書かれている連絡先に電話をしてしまい、事態が悪化してしまうことも・・・。

 

 

どんどん巧妙化する架空請求の手口

「そんな手口にはだまされないよ」と思うかもしれませんが、架空請求の手口はどんどん巧妙化しています。

最近は実在する企業の名前を出したり、行政機関からの通知を装ったりするケースも増加。

万が一、ハガキやメールに書かれている連絡先に電話をしてしまうと、住所や電話番号などの個人情報を聞き出されてしまいます。

そうなると被害がさらに拡大してしまいますので、絶対に連絡をしないようにしてください。

 

 

ハガキやメールが届いたら、消費生活センターへ相談しよう!

身に覚えのない請求書が届いたら、まずは西海市消費生活センターにご相談ください。

架空請求なのかどうかを、アドバイスしてもらえるので安心ですよ。

どうか一人で悩まないでくださいね。

問い合わせ先

西海市消費生活センター

TEL:0959-37-0145

消費者ホットライン 188

USER CONTENTS