【Saikaiブログ】崎戸歴史民俗資料館に遊びにいったら、未知なる謎の生物の化石を掘っていた!

2

37年前に崎戸町で見つかった、“海を泳いでいた”と考えられる何者かの化石。   昨年秋から、この化石の調査が 崎戸歴史民俗資料館で行われています。 崎戸町にある「崎戸歴史民俗資料館」。 捕鯨、石炭など崎戸町の歴 …

37年前に崎戸町で見つかった、“海を泳いでいた”と考えられる何者かの化石。

 

昨年秋から、この化石の調査が

崎戸歴史民俗資料館で行われています。

崎戸町にある「崎戸歴史民俗資料館」。

捕鯨、石炭など崎戸町の歴史、崎戸町にゆかりがある作家「井上光晴」氏の展示があります。

 

いったい化石の正体とは?!

見学にお邪魔しました。

調査を担当するのは、学芸員の森 浩嗣(ひろつぐ)さん。

九州大学で佐世保市の地質などを研究した後、アメリカの大学院に進み、草食恐竜について研究。

2014年12月からは、西海市の学芸員として西海市の地質調査を行ってきました。

37年前に見つかったこの化石は、

七ツ釜鍾乳洞の地層と同時期(約3千万年前)のものといわれ、

一説にはクジラとも言われていますが・・・

 

クジラにしては、骨が細くて小さいですよね?

「そうですね。

クジラではなく、ジュゴンやマナティという生物とも考えられます。

まずは骨の化石を取り出して、研究してみないことには何とも・・・」

と、森さん。

 

う~ん!謎は深まるばかり!!

化石の正体が気になりますね★

 

今後、調査はどのように進められていくのでしょうか?

「地層の中に埋め込まれた生物の化石をきれいに取り出すクリーニング作業を行います。取り出した化石をさらに詳しく調べ、どんな生物かを特定するのが今回の調査の目的です。」

今回の調査をお手伝いする浦里さんが作業中。

クリーニング作業では、ペンのように細い「エアチゼル」という道具で石を削り、

化石を取り出します。

コンプレッサーの圧縮空気で先端の針を振動させることで、石を削る道具。

 

実は。

長崎県は「有数の化石の産地」。

西海市でも、約8000万年前~1500年万前の地層から様々な化石が発見されています。

この日は、崎戸町で見つかった

「ペンギンモドキ」という鵜の仲間である生物の化石を掘り出していました。

↑ペンギンモドキの模型です。

取り出していたのは、ペンギンモドキの羽の部分。

↑このあたりの骨です。

 

 

クリーニング作業は、一般の方も無料で見学できます!

しかも、無料!!

 

長崎県内で化石のクリーニング施設を持つのはこの崎戸歴史民俗資料館だけ、とのこと。

ぜひ、実際に足を運んで謎の生物の化石が少しずつ姿を現す様子を

間近で見てみてくださいね★

 

 

「Saikaiブログ」ではこの化石調査の進捗状況をレポート!

「Saikaiブログ」へ→こちら

・約3千万年前の謎の化石に迫る!「海獣化石調査」

<http://www.city.saikai.nagasaki.jp/sightseeing/blog/2016102100010/>

・太古の化石の謎を追う!vol.2~崎戸歴史民俗資料館

<http://www.city.saikai.nagasaki.jp/sightseeing/blog/2016120200068/>

 

「崎戸歴史民俗資料館」

〒857-3101 崎戸町蛎浦郷1224-5TEL:0959-37-0257

開館日:火曜~日曜 9時~17時(月曜・祝日・年末年始は休館)

化石調査は、開館日と同じスケジュールで見学可能です。

RECOMMEND

ポートホールンにある可愛らしいオブジェ3選
甘党のあなたに!スイーツがおすすめの西海市にあるゆったりカフェ
ポスト軍艦島「池島炭鉱」で人と歴史の軌跡を辿る

RANKING

【ウエストのおんな(第1話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/若者まわり・おばちゃんまわり~
【ウエストのおんな(第2話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストの天使~
【ウエストのおんな(第3話)】~西彼在住アラフィフ主婦とその日常/ウエストジプシー~
【小料理あかねの逸品】小さなお子様×ショッピングカートにご注意。
『西海市』をガッツリ楽しもう!おすすめスポット3選!

USER CONTENTS